続・守衛日誌 Online

アクセスカウンタ

zoom RSS 運命の人

<<   作成日時 : 2009/02/11 17:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

先ほど、ウチの嫁を駅へ迎えに行って、その帰りの車内で聞いた話…


嫁:「電車のホームで電車待ってるときにね、隣にいた高校生ぐらいのグループが“運命の人に出会うにはどうしたらいいのか?”っていう話題でアツく議論してたんだけど…内容があまりに青臭くて聞いていてにやけそうになったよ…」

俺:「ふーん…で、どんな内容だったの?」

嫁:「中身までは忘れたけど…若いって素敵だなって……。」

俺:「そう…。中身覚えてないんだったら話題として成立しないよね、この話…」

(以下略)



で、その”運命の人”というモノについて30代を目前にした私が思うこと…。

“運命の人”とは、「決定論的に、お互いがそれぞれに恋に落ちることを運命として予め定められた」ではなく、「偶然隣にいたため、もはや運命と思い諦めて添い遂げることを受け入れた」のことだと…。

でも、“選択的に諦めることができる”という能力はより高いQOLを実現するために必要だと思う…。


……昨日からこんな話題ばっかだな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
「厳しい選択をすること=道を広げるということ」ですからねぃ。うーむ。
随想録管理人
2009/02/11 23:23
>随想録管理人殿
ですねぇ。
道を狭くするというのも厳しい選択ですが…。
守衛
2009/02/11 23:27
運命という人でも偶然でも必然でもいいので。しかし、この自由は・・・手放せない。いや、単に、二人でいた・・・あっ、だめだ、モニターが霞んで・・・これ以上打てない・・・
D
2009/03/01 01:31

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
運命の人 続・守衛日誌 Online /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる